暗いお部屋もLEDでばっちり明るい?住宅用LEDの使い方を学ぼう!

維持コストが低く抑えられるのが魅力

住宅用の照明機器は電球や蛍光灯が従来の普及品でしたが、短時間で明度が落ちてしまうのが欠点でした。古くなると無駄に電気を消耗するので速やかな買い替えが必要なのも不便でしたが、LEDは耐用年数が非常に長く、約5万時間は明度が保たれるので長く使い続けることができます。また、LEDは光が拡散しにくいので日中でも室内を明るく照らすことが可能です。日当たりが悪く薄暗い部屋を明るく照らすには最適な照明機器と言えます。電力消費量が少ないので電気代を節約できるのも住宅用の照明機器として優れている点です。かつては工業用の照明機器だったため非常に高額だったLEDですが、技術の進歩によって安価な製品が量産されるようになりました。そのため、住宅用の安くて便利な照明機器として普及したのです。

LEDの欠点を正しく理解するのが長持ちさせるコツ

高性能なLEDですが、その一方で従来の照明機器には無かった欠点も存在します。LEDは長時間使い続けることを前提に作られている照明機器なので、頻繁にスイッチを切り替えると性能が著しく低下してしまうのです。住宅ではトイレや浴室など長く使う機会が滅多に無い部屋の照明には不向きと言えます。また、LEDは衝撃に弱く、軽くぶつけただけでも劣化してしまうのです。そのため、照明機器をLEDに交換する際は誤って落としたりぶつけたりしないように、慎重に扱うことを心がけます。LEDの長所と短所を正しく理解し、適切な方法で使うのが住宅を明るく照らし、快適な居住空間を維持するための秘訣なのです。

LEDライトパネルは、2万時間や3万時間といった長時間設計が特徴です。毎日10時間使った場合であっても5年以上使えるので、維持管理費用を大幅に抑える事が出来ます。