スマホが壊れた時の店の選び方はどうすればいい?

スマホが壊れた時に頼るべきはどっち?

スマホが壊れてしまった。そんなときに頼りたいのは修理店です。しかし、修理店には正規店と非正規店の2つがあり、どちらに修理を依頼するべきかと迷う方は多いでしょう。もちろん、どちらにもメリットとデメリットがあります。

正規店のメリットは、保証サービスに入ってさえいれば、かなり安価で修理をしてもらえるという点です。修理内容にもよりますが、画面割れ程度であれば1万円以下で修理してもらえるでしょう。また、部品などを入れ替える事になっても純正品ですからトラブルが起きるという事もなく、万が一何かトラブルがあったとしても保証してもらえるというメリットは大きいです。唯一のデメリットは修理期間が長いということがありますが、それを差し引いても保証サービスに入っているのであれば正規店で修理してもらうのがお勧めです。

非正規店を選んだ場合のメリットとデメリットは?

非正規店に依頼をするメリットは、時間が掛からないということです。というのも非正規店の場合、スマホの症状にもよりますが、問題を起こしている部分だけを取り換えて修理するという事が多いからです。そのため、素早く作業が終わり、内容によっては2時間程度で済む事もあります。もう一つのメリットは保証サービスに入っていない場合、修理料金は大体の場合で非正規店の方が安く済む場合が多いという点です。ただし、これは最新機種などの場合、修理するための部品が入ってないということもあり、逆に値段が高くなっているという事もあるので注意したほうが良いでしょう。

では、デメリットはというと、一度非正規店に修理を依頼すると正規店での保証を受けられなくなるという点です。これだけは、結構なリスクがあるので注意しておきましょう。

Galaxyの修理は携帯電話会社で修理する方法と、一般のスマホ修理専門のショップで修理する方法があります。一般のスマホ修理ショップの場合は修理が早く、即日、修理できることがあるので便利です。