CADと製図はどこが違うのか?CAD導入のメリット

CADとはどのようなものか

CAD(キャド)とはコンピュータ支援設計という意味で、英語のcomputer-aided designを略したものです。CADを利用すると、設計者の考案がコンピュータ上のデータとして取り扱えるようになります。CADは自動車、建築、服飾などモノづくりの現場で広く活用されています。

CAD導入以前は手書き製図が主流

1963年、世界初のCADソフトがアメリカで開発されました。その後さまざまな改良が加えられました。日本では1980年以降、一般企業でCAD導入が広く進められてきました。以前はドラフターと呼ばれる製図台を使って人手による製図で設計が行われていました。定規などがついた製図台で、設計者が頭のなかで考えたアイデアが形として描かれてきました。製図とは三次元の物体を二次元の図面に描く作業なのです。

例えば、建築業者は、骨組みとなる柱、天井、床などの図面を見ながら建設を進めます。その後、照明、空調設備などが設置されます。CAD導入以前は、担当業者が図面を複写して関連事項(例えば照明の位置など)を記入して建築工事に関わっていました。

CAD導入のメリットとは

製図の基本を学びたいなら一度は手書き製図を知っておくのもおすすめです。万一、停電が発生してCADが停止しても手書き製図を理解していれば設計作業は行えます。
一方、CAD導入によるメリットは、設計効率が飛躍的に向上できることです。図面の修正作業も手書き製図にくらべて短時間で可能です。かつて熟練者だけが行っていた製図より、コストが安くなるのも魅力でしょう。図面はデータなので共有や管理も簡便で、保管も省スペースとなります。
現在、さまざまなCADが発売されています。導入でおさえておきたいことは、自社にとって最適なCADを見極めて使用するということでしょう。

電気CADは電気の設計をするのに、電気の専用パーツとなる制御盤や配電盤などをクリックするだけで簡単に図面に配置することができます。